女性

伸びきった芝生バリバリ刈り上げよう|手入れなら業者に相談

木の根を処分する

木と作業員

庭にある邪魔な木を伐採した際に、木の根っこが残ってしまうでしょう。木を切り倒しても根っこがあればそこから成長してしまうので、大きく成長したらまた伐採しないといけません。何回も依頼するとなると費用が発生してしまうので、抜根するようにしましょう。抜根は伐採した後に行なう作業で、根っこもまとめて処分するのです。この作業を行なう際に業者はショベルカーなどの重機を使用して、木の根っこを除去します。地面をショベルで掘るのは大変な作業ですから、ショベルカーで一気に除去したほうが効率良く作業を行なえるのです。小さい木なら個人で掘り返そうとする人がいますが、個人でやるとなると難しくなってしまうでしょう。抜根する際に、木の根っこが地面の水道管にからまっている場合があります。強引に引き抜こうとすると、水道管を破壊してしまう恐れがあるのです。危険ですから、確実に除去することができる業者に依頼したほうがいいでしょう。

伐採と抜根を行なわないと、庭の木はどんどん成長してしまい様々な被害が起きてしまいます。木は成長する度に枝と葉の数をどんどん増やしていくのです。そのため、枝と葉にしか栄養がいかなくなって木の幹には栄養が不足してしまうでしょう。そうなってしまうと、幹は細くなってしまい台風などの災害が起きた時に簡単に倒れてしまいます。それが原因で家が倒壊してしまったという人が多いです。安全に生活するためにも、伐採と抜根を行なうようにしてください。